体育祭 日焼け 対策

体育祭で日焼けしない方法を3つ紹介

体育祭の日焼け対策

体育祭での日焼け対策、中学校や高校では学校にもよりますが、6月あたりか9月あたりで体育祭が行われます。

 

6月も9月もどちらも日差しがすごく強い時1日校庭に出ていると洋服をかぶっていない部分がヒリヒリとしてきて真っ赤になってしまいます。

 

どうやって日焼け対策をしたらいいでしょうか。

 

体育祭での日焼け対策が難しい3つの原因

  • 日焼け止めが塗れない
  • 長袖が着用できない
  • 1日中外にいる

 

日焼け止めが塗れない

体育祭の日焼け対策

まず大人と学生で違うのが日焼け止めが塗れないということです。

 

未だに中学校や高校は古い考え方が通用していて日焼け止めを化粧品と間違えて考えている所があります。

 

それで日焼け止めを禁止しているので学校では日焼け止めクリームを塗れないということがあります。

 

中にはこっそり持って行って更衣室やトイレなどで塗り直す方もいますが、没収されるようなリスクもありますので、なかなか塗りづらいということがあります。

 

そうなった時に日焼け止めクリームを塗るかですが、汗で落ちないように強い日焼け止め水に強い日焼け止めウォータープルーフ耐水性のあるものを選んで家を出る前にたくさん塗っておくことが考えられます。

 

塗るときのポイントは2度塗り3度塗りをすること、乾かしてまた塗って乾かしてという風に分厚く塗っておくと落ちずに済みます。

 

長袖が着れない

体育祭の日焼け対策

体育祭の時は体操用の洋服、学校が指定した服しか着用出来ないので長袖で手や足を覆うということが難しくなります。

 

これは普段の登校日でも一緒ですが、長袖を切れないとなると日焼け止めクリームに頼りたくなりますが、日焼け止めのも塗れないので本当に困ってしまいます。

 

一日で外にいる

体育祭の日焼け対策

3つ目のポイントが1日中外にいないといけないということです。

 

まだ日が高く昇っていない朝から色々な準備をして日焼けをしてしまいます。

 

そして競技が始まる頃は太陽が高く昇っていてじりじり照りつけます。

 

そしてが傾いた後にも後片付けなどがありますので、また日焼けをしてしまいます。

 

かなり忙しくて日焼け止めをかりに禁止されていないとしても一人だけ塗るのは難しいという状況でしょう。

 

飲む日焼け止めがおすすめな理由は

体育祭の日焼け対策

 

このように中学生や高校生での体育祭での日焼け対策は、大人と違ってとてもやりにくいものでどうやって対策をしていいか毎年悩んでしまうこともあると思います。

 

そんな方が考えられるのが飲む日焼け止めという飲むタイプの日焼けサプリメントです。

 

飲むタイプの日焼けサプリの特徴は

  1. 1日1回飲むだけでいい
  2. 外からではなく内側から日焼けをカバーしていく
  3. 飲み続けていると効果がアップする

 

1日回飲むだけでいい

飲む日焼け止めは1日1回飲むだけでいいです。ですので、日焼け止めのように塗り直しが入りません。

 

内側から日焼けをカバーしていく

飲むタイプは紫外線をカットする力はありませんが、内側から日焼けのダメージをカバーしていくことができます。

 

飲み続けると効果がアップする

日焼け止めサプリは前もって飲んでおくことで肌のサポート効果を強め日差しに負けにくい肌にすることができます。体育祭の前2週間から1週間前から飲み始めておけば日焼けに負けない皮膚になることができます。

 

 

やかないサプリ

日焼けしない方法
日焼けをしたくない7日前から飲んで太陽に負けない肌を作る

 

やかないサプリはアウトドアや旅行の時など日焼けをしたくない場面の7日前から飲んで、内側から焼けにくく対策をするためのサプリメント

 

ニュートロックスサンの成分であるローズマリーのエキスや、PLエキスなどの紫外線サポート成分はもちろんですが、パイナップルから抽出されている美肌によい成分や保湿成分もたっぷり含まれていて効果的に対策ができます。

 

やかないサプリのいいところは一つだけでも購入できるところ
定期コースなどに縛られることもなく、必要な時だけ飲むことができてとても便利です。

 

体育祭の日焼け対策!焼けたくないなら飲む日焼け止めもおすすめ

 

やかないサプリの公式サイト

 

 

太陽に負けないサプリ

体育祭の日焼け対策!焼けたくないなら飲む日焼け止めもおすすめ

 

太陽に負けない美肌成分を15種類配合

 

太陽に負けないサプリは専用の紫外線サポート成分「ニュートロックスサン」を125mg配合している飲む日焼け止め。
ニュートロックスサンは約80日間飲み続けることで、紫外線防御率が56%上がるということが分かっています。

 

太陽に負けないサプリにはそれ以外にも、美肌に良い成分や美白の効果が期待できる成分がたっぷり配合されています。

 

それに加えて使いやすい特徴は定期コースで低価格に続けられること、そして定期コースに縛りの回数がないこと、さらには初回は15日間の返金保証が付いているところ。

 

体育祭の日焼け対策!焼けたくないなら飲む日焼け止めもおすすめ

 

太陽に負けないサプリの公式サイト

 

飲む日焼け止めの3つの効果

飲む日焼け止めには3つの効果があります。

 

まずは日焼けのダメージをケアすること

赤くヒリヒリとした日焼けは、紫外線Bが原因で起こりますが、飲む日焼け止めは実験の結果で紫外線Bの影響を弱めてくれた皮膚のダメージをカバーしてくれたということが分かっています。

 

活性酸素をサポートすること

日焼けするのは何日がヒリヒリすることだけではなく後でシミの原因なのではないかという心配があります。特に女性の場合はこちらの方が大きいのではないでしょうか。

 

飲む日焼け止めはシミの元になってしまう活性酸素コントロールしてくれるので薬で起こる将来のシミを予防することができます。

 

3つ目の効果

体育祭の日焼け対策

 

3つ目の効果に飲んでいると効果が上がるということがあります。

 

ニュートロックスサンという成分が含まれている一番一般的な日焼け止めは実験データで50日間飲むことで34%、90日間飲むことで56%効果が上がったことが分かっています。

 

つまり日焼けをしたくない日の前から飲んでおくことで紫外線サポート効果がアップするということはわかります。

 

体育祭の日焼け対策

 

この前体育祭がありました。かなりしっかり日焼け対策をしたつもりでしたが、顔が真っ黒に日焼けをしてしまいました。元々結構黒い上にさらに黒くなって地黒が真っ黒になってしまい嫌です。どうやったら元に戻るでしょうか。白くなる方法を教えてください。


 

 

美白を第一に考えている中学生です。5月から体育祭の練習が始まりだして体育祭より美白の方が大切なのですが、そうもいっていられません。それで絶対焼けないための美白対策方法を教えて欲しいです。今までは帽子を着用し日焼け止めはSPF50のものを使って皮膚に日光が当たった場合は水で冷やしたりビタミンサプリメントをとったりどこに行くときも日傘をさしています。しかしい靴下焼けをして気になります。顔も気になります。どうしたらいいでしょうか。


 

 

今高校生ですが、美白に真剣になっています。春や秋冬なども日焼け止めクリームを使っていてそしてSPFのあるパワーファンデーションを使っています。しかし夏になると体育祭がやってきてさらには体育の授業が一日一時間ありますし、テニスの部活では炎天下で1時間以上は焼けてしまいます。そしてさらに数学で30分以上歩きます。肌に悪いのはわかっていますが、SPFは50プラスのようなアネッサなどを使った方がいいのでしょうか。絶対焼きたくないので教えて欲しいです。


 

日焼けしやすい私には、このサイトが参考になりました
参考リンク:日焼けしやすい

 

飲む日焼け止め以外の対策方法

体育祭の日焼け対策

 

飲む日焼け止め以外にも体育祭で体育の時間で日焼けをしないための対策はあります。

 

日焼け止めクリーム

 

最初に紹介したとおり日焼け止めクリームはかなり重要です。

 

学校で塗り直しができないとしても家でしっかり効果の高い日焼け止めを塗っておくことでありませんが、耐水性のあるものでウォータープルーフのものをつけておけば体育祭で大汗をかいた時にも若干は落ちなくて済みます。

 

そしてできれば日焼け止めはこっそり持って行って塗り直せるといいですね。

 

更衣室やトイレで塗り直している人はいますので、友達の中で一緒に持っていける人がいれば一緒に持って行って塗りましょう。

 

洋服を紫外線加工する

少し変わったやり方ですが、洋服を紫外線加工をすることで洋服の上からも焼けるというのを対策することができます。

 

実はUVカット加工する洗濯洗剤があり体操着などを洗濯することでUVカット効果を持たせることができます。

 

体育祭のような非常に太陽光線が強い時はシャツの上からでも焼けてしまうことがあります。

 

そのようなことの対策のためにはそのような専用洗剤を使って洋服を洗ってみるのもいいかもしれません。

 

サプリメントや食べ物で改善内側からの対策も大切ですね。

 

飲む日焼け止めというのもそうですし、それ以外のビタミンCが入っているサプリメントやトマトなどをたくさん食べると日焼けに強くなります。

 

ですので、どうしても美白したい白いまま保ちたいという方は使ってみてもいいのではないでしょうか。

 

そして内側からの対策ではありませんが、保湿も大切です。

 

日焼け止めクリームはノンケミカルのものは肌の皮脂を奪って肌を乾燥させてしまいますので、もちろん日焼け止めの下にクリームをつけないといけないですし、肌を保湿することで太陽に負けない、肌のバリア機能を上げることができますので、乳液やローションなどで保湿をしたことが無い方は是非行ってみてください。

 

日焼けサプリについての紹介サイト:日焼けしない方法